看護師 夜勤バイト 高給

老健には色々な科の疾患を持つ患者さんがいます。広い知識のある看護師が求められます。老健に入職する前にどんな事に気を付ければ良いの?

看護師が働く職場として、介護施設もありますよね。
介護施設は病院とは目的が違いますから、病院のような医療行為を行なうという事はありません。
利用している方の健康維持をするのが主な仕事で、異常を早期発見したり、早期治療する事が大切なんですよね。(^0^)
介護施設にはいろいろな種類があって、特養やショートステイの場合は、看護師は日勤だけの業務になります。
それに比べると、老健の場合は夜勤もあって、24時間365日看護師が常勤しているんですよね。
他の介護施設では、ほとんど医療行為がおこなわれていないんですけど、老健は最も医療に近い施設だと言えます。
老健には、100名の利用者の方がいて、看護師が数十人働いている施設もあるんですよ。

 

老健に入所している方は、皆さん高齢者ですから、ほとんどの方がなにかしらの基礎疾患を持っているんです。
多い疾患というのは、脳梗塞や脳卒中などの脳の疾患、それに、心不全や心筋梗塞などの心疾患、その他には、
変形性膝関節症、アルツハイマーなどによる認知症などですね。
それに、高齢者は免疫力が低下していますから、肺炎や尿路感染症などを起こしやすいんですよね。
感染症にかかった事が命取りになってしまう事もあるので、注意が必要なんですよ。>_<
老健では、利用者一人一人の疾患をしっかりと理解して、健康維持に努める必要があるんです。
リハビリなどを行ないながら、在宅復帰できる事を目的としている施設なんです。

 

老健というのは、高度な医療を必要とする事はありませんが、一つの科にこだわらない、
広い知識のある看護師が求められるんですよね。
いろいろな科の知識を勉強しておくと、スムーズに仕事ができると思いますね。(^=O)