看護師 夜勤専従

看護師の夜勤専従は、月の半分以上は休みでしかも給料が高い

看護師の夜勤と聞くと、「ハードそうだな」とか「家庭がおろそかになりそうだな」といったイメージが強いのではないでしょうか。

 

確かに、日勤より勤務時間も仕事内容もハードです。

 

ですが、その分給与面にしっかり反映されます。

 

最近では、病院側が用意した24時間体制の託児所がかなりの安さで利用できたりしますし、病院ではなくても24時間稼働している保育園も増えてきました。

 

ですから、シングルマザーの方が、生活と子育てを両立させる手段としても夜勤専従を選ぶことは多いようです。

 

また、子育てをしながらでも、夜勤で働けるのは、こうした社会背景だけではありません。

 

夜勤専従の勤務体系にもあるのです。

 

夜勤専従は、月にすると9〜10回程度の出勤数です。

 

勤務時間が長い分、毎日フルタイムで働くわけではないのです。

 

ですから、月の半分以上は子育てにじっくり向き合うことができます。

 

もしかすると、昼間フル稼働で働いている人よりも、子どもとの時間が作れているかもしれませんね。

 

夜勤に興味のある人は、まず看護師の求人サイトをチェックしてみましょう。

 

無料で登録できて、しかも細かい求人情報が掲載されているので、大変便利です。

 

24時間、いつでも調べられるので、忙しい人には特にピッタリだと思います。